DelegateCallの仕組み

DelegateCallでは、ユーザーは自分の質問や解答がアップボートされるとKarmaポイントを獲得します。

従来のWeb2.0のサイトとは違い、DelegateCallではこのkarmaポイントをイーアリアムメインネットのERC20トークン『DelegateCallトークン』に交換し、トレードすることができます。サイトへの貢献に比例して、ユーザーは報酬を獲得することが可能になります。

Relay経由でイーサリアム上の
ERC20トークンに
DelegateCall
質問&回答
DAppchain
with Loom DPoS
for fast and cheap tx.
ERC-20 Tokens
on Ethereum via Relay
DelegateCall.
Questions and Answer
DAppchain
Loom DPoSで
安価で高速なトランザクション

DelegateCallの目的

数ヶ月前のCryptoZombiesスタート以来、私たちはメインのTelegramコミュニティ及び開発者Telegramコミュニティで、イーサリアム開発者/愛好者のソリッドなコミュニティを形成してきました。

しかしTelegramは開発についての議論をするのに理想的な場所ではありませんでした。質問は見失われ、素晴らしい回答も時とともに流れていってしまいます。

そのため、私たちは以下のようなブロックチェーンのコミュニティサイトを立ち上げることを決意しました:

  • 私たちのコミュニティは、より永続的な形でブロックチェーンやイーサリアム開発に関する知識や質問を共有できるよう集めていき、
  • さらにLoom DAppチェーン上で完全に動くことで、我々のコア・プラットフォームのデモであるという二つの目的を果たす。そして、
  • ERC-20トークンでユーザーに報酬を与え、サイトへの貢献を奨励する。このことを、DAppチェーンをベースとするDAppsが伝統的なWebアプリケーションを上回っている点の1つとして紹介する。 (他の魅力的な点に加えて。例えばブロックチェーンが開発者にとって完全にオープンなAPIといったふうに機能し、完全に監査可能でフォーク可能であることなど。)

DelegateCallは、Loom Network上に構築できるDAppsのタイプを開発者に示すことを目的に、私たちが作成している(たくさんあるうちの)最初のデモンストレーションです。

loom token

DAppchainsは初のイーサリアム上DAppプロダクトのための初のスケーリングソリューションです!

DelegateCallのコアはLoom Network DAppチェーン上で完全に動作し、DAppチェーンはRelayを介してイーサリアムのスマート・コントラクトに結びつく独立型のブロックチェーンで構成されています。

Loom DAppチェーンは、多数の複雑なトランザクションタイプをネイティブで定義できるという点で通常のブロックチェーンとは異なります。 この場合、DelegateCallのDAppチェーンには、アカウントの作成、投稿の作成/更新、回答の受け入れ、および賛成投票 / 反対投票のネイティブのトランザクションタイプがあります。

つまりDAppチェーンは、ユーザーが呼び出し可能なメソッドを固定数サポートする点で、従来のWeb APIと同じように機能します。

またDelegateCallのDAppチェーンのブロックエクスプローラを、blockchain.delegatecall.comに作成しました。リアルタイムで発生しているトランザクションを見ることができます:

イーサリアム上でのスケーリングについて

reputation

スケールが実現可能な初のイーサリアムベースのDAppで、 イーサリアム単体では不可能な規模の分散型アプリケーションです。

user

ユーザーはデータを持つことができるので、フォーク及びトランスファーが可能であり、さらにメインネットのERC20トークンがバックにあります。

fence

DAppのデータは分散型ブロックチェーン上で稼働しながらも、トークンはイーサリアムのメインネットのセキュリティに守られています。Relayを介してメインネットと接続してます。